家族のために新築一戸建ての家を購入する

家族で楽しく暮らしたいという思いで、家を建てることを決めた人がいるかも知れません。そのような人は、集合住宅であるマンションよりも、一戸建ての家を購入したほうがいいかもしれません。一戸建ての家ならば、それぞれの壁に囲まれて独立して存在しているため、庭でバーベキューをしたり、走り回ったりしても、他の家に迷惑をかけなくて済むからです。マンションで騒ぐと両隣の家や、階下の部屋の住人に迷惑をかけることがあるためです。また新築一戸建ての家を購入すれば、家族が暮らしたいと思えるような家を、みんなで選ぶことができます。お父さん、お母さん、子供たちが住みたいと思えるようなリビング、個室が完備した家を選ぶことができるため、住み始めてからの満足度も高いでしょう。少し郊外に家を買えば、マンションよりも安く買えることもあり、良さ的にも新築一戸建ての家を建てることができるはずです。新しくて住みやすい家で、楽しい生活を送りましょう。

断熱性能が優れている新築一戸建て住宅なので冷暖房料金が減った

賃貸アパートで十分生活には支障がないと考えていましたが、友人の自宅に招待されたときに割と一戸建て住宅も生活しやすそうだと感じて、新築一戸建て住宅の購入を決心しました。
生活さえできれば良いと考えており、細かい部分にはこだわりを持っていませんでしたが、なるべく快適に生活をすることが出来るような家を選ぶことにしました。
最近は省エネルギー住宅は割と流行っており、建物の断熱性能を重視している家も多くなっていました。
購入した新築一戸建て住宅も断熱性能が良く、アパートと比べると格段に室内の断熱性能が優れているので、夏場の冷房代金や冬場の暖房代金がかなり安くなりました。
住宅設備も性能が良いものが設置されており、ユニットバスについては、浴室乾燥機の機能もあったので、雨の日に洗濯物を浴室に干すことが出来ています。
耐震性能にも配慮した住宅であり、建売住宅ですが、性能評価の耐震等級も3を取得している住宅なので安心して暮らせます。

私の理想とする新築一戸建てにつきまして

私の理想とします新築一戸建てにつきましては、やはり災害に強い家づくりであることが根本にあります。災害に強い家づくりとしまして、新築一戸建ての場合、やはり、家が非常に丈夫であることが求められます。近年は台風以外でも爆弾低気圧等、ふいに30m以上の風速が吹き荒れたりするようなこともありますので、大変危険です。そのような際に、やはり災害に強い家づくりでありますと、安心して住めることに繋がります。また、最近では、新築一戸建てに付随する形で、災害後の観点から被災した後につきまして、ライフラインがストップしたことによりまして、井戸水が掘られており、そこから水質はあまり綺麗な方ではないですが、水を得られる形となりますので、身体を洗いたい時等に役立てたり、また、蓄電池で洗濯機を使用するのが可能であれば、洗濯機にも井戸から組み上げた水を回すことができます。また、防災グッズも新築の家に備えておく形で、するのが理想的であると言えます。

どんなに悩んでも新築一戸建ての欲がでてくる

新築一戸建ての庭が広い家を子供が大きくなったので建てました。
オープンな感じでリビングに皆で集まる設計、吹き抜けも作りました。
住み始めてからは喜びしかありませんでしたが、時間が経っていくともう少しこうすれば良かったという欲だらけになりましたね。
まずキッチンは一人で使うには十分な広さですが、我が家は皆料理が好きで3人くらいでキッチンに立つこともあり狭く感じるように・・。開放感のある吹き抜けも冬は上から冷気が下りてくるので暖房代もかなりかかります(床暖もあり)
また、友人が多く訪問するのですが10人を超えることもあります。
15帖のリビングも狭く感じてしまう。一戸建ては家族の人数を考えて設計しますが、状況ももう少し考慮するべきだったと思いました。
我が家の自慢は車が7台ほど止めることができる庭と、バーベキューなどが出来る裏庭があることです。
暖かくなると大人数で集まることもでき満足しています。
追加で小さな家庭菜園も作りました。
ですが、これほど集まる家では駐車場の分はリビング等をもう少し広くとるべきだったと後悔しています。
やはり大は小を兼ねる。
これくらいで十分より、ちょっと広いかなと思えるくらいが一番です。

和室がある新築一戸建てを購入

和室がある住まいがよいなぁと思い、畳の香りは癒し効果があるので、帰宅後にホッとする感覚が好きなので、新築一戸建てを見学した時、和室に入った瞬間、畳の香りがしたので、ここに住みたい!と思い、購入することにしました。駅から徒歩15分ほどの新築一戸建てなので人気があり、他の物件を見学しようかなぁと考えましたが、人気がある物件はすぐ完売になることも多々あるので、即購入しました。やはり和室があると、寒い時にはコタツをいれてノンビリ過ごすのは最高の幸せを感じる瞬間になります。リビングの隣に和室があるので、寒い時期になると和室にコタツを起き、リビングでホームシアターを見るなど部屋をアレンジできるので楽しいです。新築一戸建ては自分達でアレンジできるし、子供達も好きなように自分の部屋を個性を出しているので、家がかなり充実してくるのがわかります。新築一戸建てを購入してから、だいぶ家族の会話が増えて楽しい時間を過ごしています。

暮らしが豊かになる新築一戸建て

私が家を建てようと思ったきっかけはずばり愛犬です。
それまでは賃貸アパートで暮らしていたのですが、外で遊ぶのが大好きなワンコのために広い庭がある家で暮らしたいと考えていました。どうせならマンションでなく自分たちのライフスタイルにあった住まい暮らしができるほうが良いと考え、新築一戸建てを建てようと思い、気になっていた展示場をいくつか周り住宅メーカーを決めました。
タイミングよく土地を見つけることができ、木のぬくもりが感じられる木造住宅を立てることができました。庭はもちろんなのですが、アパートの時よりも広々とくつろげる空間にワンコも大満足なようで、以前よりも留守番の時間も、私たちと一緒にいる時間もゆったりと過ごすことができています。何より私たち自身が、自分たちの暮らしにあった自分たちだけのオリジナルな空間である一軒家を手に入れることができ大変満足しています。我が家のライフスタイルにあった動線や間取りが考えられた新築の住宅は、アパートの時よりも暮らしが豊かになったと感じています。

新築一戸建てでこだわった方が良い場所

新築一戸建てにしようか迷っている人もたくさんいると思います。新築一戸建てで妥協をしない方が良い場所について紹介します。
妥協をしない方が良い部分はやはり、収納です。収納場所だけはしっかりと考えた方が良いです。実際に我が家は玄関収納が広く、玄関に物を置くスペース、靴が置けるスペースなどがたくさんあります。これがすごく便利でベビーカーなどが広々とおけます。また、料理が好きな人はパントリーみたいな収納スペースがあると、買い込んだときにこまりませんし、キッチン道具なども保管が出来ます。特にキッチンは鍋などたくさん置くものがあるので、キッチンにスペースがあるのはとても大切です。ごちゃごちゃしたキッチンにしてしまうと、料理をしにくくなってしまうので、キッチンのスペースは広めに確保することをおすすめします。家族の人数によってどれだけの必要か違いますが、家族の人数に合わせて保管する場所を考えることをおすすめします。

家作りを振り返ってみて

2019年の夏に新築一戸建てが完成しました。
きっかけは義実家との同居の話が出たためです。
当時の私は全く同居など考えておらず、義理の両親から「敷地内に別宅を立てればいい」と提案され2018年の秋に家づくりが始まりました。

まず何社かHMや工務店を見て回りました。
印象としてどこの営業さんも耐震と高断熱・高気密をおっしゃってました。
4社ほど見て自分達の予算や営業さんの人柄などで地元の工務店に決めました。

こだわったのは平屋、耐震、高断熱・高気密です。
主人はZEHの申請をしたかったようですがタイミングが合わずできませんでした。

自慢は平屋です。
これは完全に私の自己満足です。
間取りでは土間収納とランドリールームを作ってよかったです。

ただ洪水ハザードマップなどで土地の高さ等は調べてはありますが、昨今の気象事情を考えると2階建ての方が洪水の時など避難できたかなと少し後悔している部分です。
もう一つ後悔までは行かないですが残念なのは土地の関係で細長い平屋になってしまったこと。
間取りにもよると思いますが、端から端まで移動が大変です。
残念なのはこの位でとても満足しています。

最後に家自体に大きな不満はないのですが、反省点は予算をオーバーてしまった事です。
いくらと決めてあったのですが、打ち合わせを重ねるうちに「あれもこれも」と欲が出て金銭感覚がマヒしてしまいます。
工務店も私達の収入を知っているのであれもこれもと提案してきます。
完成してみると無駄な物は無かったので良しとしてますが、結局オプションを付けたりグレードアップするなら初めからお高めのHMでも良かったのかなと思いました。