ライフスタイルにあった二世帯住宅

両親は後期高齢者なので、お互いのライフスタイルも大きく違い、やはり各々のスタイルにあった暮らしを充実させるような二世帯住宅にしたいと考えるようになりました。寝る時間・起きる時間など全く違うので、同じ空間で生活するのは互いにとってストレスになるだろうと思い、二世帯住宅は1階部分は両親が住んで玄関も分けて、全く顔を合わすことがないような造りにしました。そうすることで、プライベートな部分も大事にすることができるし、色々と小言を言ってくる両親なので、別々の空間を確保した方がトラブルにならずに生活できると思い、ライフスタイルにあった二世帯住宅にしたことで、かなり快適な空間で生活しています。なので、用事がある時はすぐ1階へ行くようにしていますし、なかなか上手に生活ができるようになったので、快適な日々を過ごせるようになりました。二世帯住宅はトラブルも多いと聞いていたので、こうした取り組み方で良かったと実感しています。

二世帯住宅は地震に強いこと

地震で家を修繕することになったので、二世帯住宅にすることにしました。やはり重視したポイントは、地震に強い住宅にすることが大切なので、杭打ちなどしっかり行った上で建設するようにしたことで、かなり快適な住まい環境になりました。大きな地震がきてもビクともしないような住宅にしたことで、安心した住まい環境になります。やはり地震で玄関が閉まらなくなるなど、家が傾いたこともあり、二世帯住宅へ建設しなおそうと考えていたので、地盤を補強してから二世帯住宅を建設したことで家族で安心して生活することができるようになりました。地震があってから家が玄関の方へ一時期は傾いていたので、このままだと体への支障も出てきますし、生活する上でよくないと感じていたので補強工事をするなら二世帯住宅を建設した方がよいという結論になったので、大手住宅メーカーの営業担当の方と予算も含めてジックリ相談することができ、とても理想的な住まいができました。