注文住宅は営業担当次第

建売住宅をパッと買ってしまってすぐに住めるのなら良いのですが、注文住宅の場合は設計から引き渡しまでとても長い期間ハウスメーカーとお付き合いすることとなります。うちはコンセントが足りなくて、群馬の業者にコンセントの増設をお願いしました。となると、大事なのは営業担当です。相性、というよりも普通に良い接客を行える普通の人なら良いと思うのですが、中には付き合っていくうちに「あれ…?」と思う人もいるようですね。面接官のように相手を短時間で見極めることは難しいですが、やはり家を建てる上で、これはもうハウスメーカー云々ではなく営業担当次第だなと思ったこともありました。一度嫌だなと思ったら、そこからは地獄です。仕事から帰ってから嫌な人と打ち合わせを行わなければならないのは苦痛でしょう。私の場合はそうならなかったので良かったと思いますが、良いタッグを組めなかった場合を考えると恐ろしいです。良好な関係を、たとえうわべだけでも続けた方が絶対に自分のためになる、自衛になるであろうと感じました。

地震に強い家はもはや売り文句にならない

ネットでハウスメーカーの公式サイトを見てみると、地震に強い家というのはもうキャッチフレーズにならないと思いました。というのも、法律で定められたものがそもそもあるのです。ハウスメーカーはそれにプラスアルファしていかに強い家を作るかということを競争していますが、地震大国であるこの日本で、それをしないハウスメーカーの方が珍しいでしょう。だから、ここはハウスメーカー選びのポイントにはなりえないなと考えました。私が気になったハウスメーカーを絞り込んでいった時、どれもが地震対策をしっかりやっていたのです。だから、それ以外の要素で1つに絞るべきだと思いました。私の場合はデザイン性よりも機能性です。デザインはその時には魅力的に感じますが、数十年間暮らすことを考えるとより大切なのかいかに快適に暮らせるかではないでしょうか。ということで、断熱性が高いハウスメーカーに絞り込みました。四季のある国で年中快適に暮らせるなら満足です。

ちょっとした内装デザインがおしゃれ

うちの注文住宅は、階段の壁部分に長方形の穴が等間隔で開いており、これがちょっとしたチャームポイントとなっています。基本的にシンプルな家にしたつもりではありますが、安くておしゃれなインテリアにできるというところはそうお願いしてみました。他には、玄関から家に入って正面にすりガラスがあります。この窓の向こうはキッチンになっていて、夕飯を作っている時にも誰かが帰ってきたことがいち早くわかるようにしています。けれど、透明な窓だとお客さんが来た時などにちょっと気まずいので、あえてのすりガラスです。夜なら玄関に明かりがついたり、人影が見えるとそれだけで誰か帰ったとわかるのには十分です。その他で言えば、家族一人一人こだわりが強くて、各部屋フローリングと扉の色の濃さが微妙に違うのが特徴です。普通は統一するものなのに、強情というかなんというか。家を公開した時にはやってきたご家族に「まさか1軒で全部のカラーが見られるとは思わなかった」と言われました。

ライフスタイルにあった二世帯住宅

両親は後期高齢者なので、お互いのライフスタイルも大きく違い、やはり各々のスタイルにあった暮らしを充実させるような二世帯住宅にしたいと考えるようになりました。寝る時間・起きる時間など全く違うので、同じ空間で生活するのは互いにとってストレスになるだろうと思い、二世帯住宅は1階部分は両親が住んで玄関も分けて、全く顔を合わすことがないような造りにしました。両親の部屋に大きなアンティークのテーブルがあり、そこでみんなで食事をしたりします。そうすることで、プライベートな部分も大事にすることができるし、色々と小言を言ってくる両親なので、別々の空間を確保した方がトラブルにならずに生活できると思い、ライフスタイルにあった二世帯住宅にしたことで、かなり快適な空間で生活しています。なので、用事がある時はすぐ1階へ行くようにしていますし、なかなか上手に生活ができるようになったので、快適な日々を過ごせるようになりました。二世帯住宅はトラブルも多いと聞いていたので、こうした取り組み方で良かったと実感しています。

二世帯住宅は地震に強いこと

地震で家を修繕することになったので、二世帯住宅にすることにしました。やはり重視したポイントは、地震に強い住宅にすることが大切なので、杭打ちなどしっかり行った上で建設するようにしたことで、かなり快適な住まい環境になりました。大きな地震がきてもビクともしないような住宅にしたことで、安心した住まい環境になります。やはり地震で玄関が閉まらなくなるなど、家が傾いたこともあり、二世帯住宅へ建設しなおそうと考えていたので、地盤を補強してから二世帯住宅を建設したことで家族で安心して生活することができるようになりました。地震があってから家が玄関の方へ一時期は傾いていたので、このままだと体への支障も出てきますし、生活する上でよくないと感じていたので補強工事をするなら二世帯住宅を建設した方がよいという結論になったので、大手住宅メーカーの営業担当の方と予算も含めてジックリ相談することができ、とても理想的な住まいができました。